脳に刺激だ!!石垣島でシュノーケルしよう!

薬をアリセプトに戻しても、Y子さんの状態は思わしくなかった9月。

姉の旦那さんの名前を聞いて「○○君って誰?」なんて事まで言い出した・・・・

 

少しでも気分転換や色んな刺激になればと、買い物に連れ出したり

ドライブに出かけたりしてみた。

でもどこに行っても、何を食べてもあまり嬉しそうでもなく反応も薄っぺら。

やっぱり車の中で、相変わらず父の悪口をリピートしているY子さん。

疲れる・・・本当に疲れる。

1日付き合うと、疲労がハンパない。

 

そんな時シュノーケルにハマっている妹と、石垣島に行こうかと言う話が持ち上がった。

そう言えば、「ダイビングで色とりどりの魚を見ていたら「うつ病」が楽になった」と

前に女優の木の実ナナさんが言ってたような・・・

「うつ病」にいいなら「認知症」にも効果あるかもよ!!

じゃ、Y子さんも連れて行こう!

シュノーケルさせてみよう!

 

70歳過ぎのおばあちゃんに、シュノーケルをさせようとする鬼娘たち(笑)

でも、何か出来る事はないか?と必死だったんだよね。

 

善は急げで、10月にY子さんを連れて石垣島に旅立った。

前回の電車乗り遅れ事件で学んだので、今度は実家までY子さんを迎えに行き

一緒に空港行の電車に乗り込んだ。(妹とは石垣島で集合)

 

でもね出発少し前に台風が発生し、それを理由にY子さんが「もう行くの辞める」と言い出した。

スポンサードリンク

 

初めは乗り気だったんだけど、日程が近くなるにつれテンションが下がっていた。

どうやら荷造りが出来ないのが原因だったらしい。

「旅行中の洋服何着る?一緒に選ぼう!!」そう言いつつ、実家で洋服を決め荷物を詰めてあげたら

すっかり安心したようで、「やっぱり行こうかな?」と・・・ああ良かった。

 

ここでひとつ学んだ事がある。

「あまり早くから予定を立てない方がいい」(伝えないほうがいい)と言う事だ。

Y子さんを石垣に行こうと誘ったのは9月の半ば。

Y子さんは最初シュノーケルをとても楽しみにしていた。

少しでもテンションをあげようと、妹から送られてきた色とりどりの魚の写真を見せ

話題を盛り上げていた。(父の悪口を回避する為でもあったのよ)

 

ところがあまりにテンションを上げ過ぎたせいなのか?

1ヶ月ほど先の話と言う、期間の感覚がよく掴めないのか?

日程が近づくにつれ、Y子さんが疲れて来た。

もちろん荷造りの心配も大きかったようだが、何よりも気持が疲れてしまったようだ。

これは非常にY子さんにストレスを与える結果になったような気がする。

 

出発前に何だかんだあったが

台風もなんとか通過し、無事に石垣島に降り立つことができた。

幸い天気にも恵まれて、石垣ブルーの海がとてもキレイだ♪

ここでY子さんの気分転換できるかな?

娘たちの心が期待に満ち満ちていたのは言うまでもない・・・・

 

  後編につづく。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください