忘れるって怖いよね。

認知症の薬を止め、すっかりストレスから解放されたY子さん(母)は

少し元気を取り戻した。

物忘れは相変わらずあるけれど、イライラと攻撃的な態度が減り

ちょっと落ち着いた様子。

 

父との関係も少し穏やかになった。

やはり父が薬を止めさせてくれた事が、Y子さんにとって何より有り難かったようだ。

薬を止めてどうなる?と心配したけれど、なんとなくいい方向に向かっているかも?

 

ただ、ぼ~っとする時間が無くなった分

Y子さんは自分の物忘れが気になって仕方ない、という素振りを見せることが多くなった。

 

ずっと前の事は覚えていても、昨日の事なんかは意外に忘れてる事が多い。

だから「昨日の話だけどね・・・」なんて話し方をすると

「え?昨日そんな話した?」って怯えたような表情を見せる事も多くなった。

そして、忘れてる自分にショックを受けるようだった。

 

そんな表情を見るのが可哀想なので

できるだけ話をする時は気を使うようになった。

「もう話したっけ??」とか「まだ話してなかったかもしれないけど」なんて

まず、こちらが言ってないかもしれない・・って前置きをしながら話をするようにしてみた。

すると「ううん、聞いてないよ」と気楽に話せるようだった。

 

それでも忘れてる自分が気になって仕方ないY子さんは

なんでもメモ書きするようになった。

スポンサードリンク

 

広告の裏紙やカレンダー、バッグには手帳も入れてありとあらゆる事を書いていた。

忘れないように必死に頑張っていた。

物忘れと認知症の違いは

忘れていたけど話を聞いて「そうだったね~」と思い出せるのが物忘れ。

話を聞いても、全く思い出せない・・・スッポリ記憶が抜けてるのが認知症のもの忘れと聞いた。

Y子さんは明らかにスッポリ記憶が抜け落ちている事も多い。

 

スッポリ記憶が抜けるって怖いよね・・・

きっと凄く不安なんだろうと思う。

 

認知症と診断を受けた事は、Y子さんの記憶からスッポリ抜け落ちている。

だから「なんでこんなに忘れるんだろう?もしかしてボケて来た?」

そう考えて不安でいっぱいになっているようだった。

 

薬のストレスからは解放されたけれど、また違うストレスに悩まされてるように見えるY子さん。

「このくらいの年齢になると、忘れている事が多いって皆そう言うよ~」

その言葉をしょっちゅう口にするY子さん。

自分にそう言い聞かせてるように見えた。

 

「忘れてる自分。」

毎日その現実と向き合っていたY子さん。

ストレスはまた少しづづ蓄積していった。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください