どんどん機嫌が悪くなった春。

2015年春。

この頃のY子さん(母)は、ご機嫌斜めの日が多くなっていた。

物忘れは相変わらずだけど、その他の症状が特に進んでいるわけでもない。

ただただ機嫌が悪く、父に対しての悪口がまた復活!そんな感じだった。

 

原因は「腰痛」。

我慢強く、人に弱みを見せるのが大嫌いなY子さんが「腰が痛い」と度々言うようになった。

そしてそれが過去の父への悪口に繋がって行く。

「お父さんは雪かきをしてくれなかった。」

「私は妊娠しても、臨月腹を抱えて雪かきをしていた」

「その時に腰を痛めたせいで、今こんなに痛い」

 

今は九州に住んでいるのだが、昔は父の転勤の関係で雪国に長く住んでいた。

冬は毎年どっかり雪が積もる地域だ。

一晩で車なんて埋まってしまう・・・だから毎朝の雪かきは必須。

もちろん父も時々は雪かきをしていたけれど、Y子さんの脳内メーカー(笑)は

そんなことすっかり消去していた。

 

腰が痛むたびに、その話になる。

腰の痛みを与えた父が憎くてたまらない・・・そんなご様子。   よっぽど痛いんだね。

もちろん整体にも連れて行った。

でも「余計に痛くなったから、もう二度と行かない!」と言う。

 

「ピリピリ痛む!!」そう言うので、もしや帯状疱疹??と

皮膚科にも連れて行ったけれど、それも違った。

 

どんどん不機嫌になるY子さん。

そんなY子さんから攻撃を受ける父は、かなり気の毒な状態だった。

おまけにイライラのせいか?食欲もますます減退しまた痩せていく。

スポンサードリンク

 

どうやら胃腸の調子も良くないように見えた。

 

検査に病院に行こう!そう何度誘っても

痛む腰以外の病院にはガンとして行かないY子さん。

もともと頑固だったけれど、認知症になってからは輪をかけて頑固になっていた。

 

そんな時期、GW休暇を利用して遠方に住む妹夫婦が帰省して来た。

Y子さんは数日前からお布団を干したり、ご飯の心配をしたりワクワク楽しそうだった。

家族が揃う時は、いつも我が家に全員が集合し

ご飯も私が準備する。

それはY子さんが認知症になる前からの習慣だったので、Y子さんが用意するのは

実家に泊まる妹夫婦の朝食だけでいい。

 

それでも今のY子さんにとっては「何を作ればいいの??」と

頭を悩ませる要因になっていたようだ。

楽しみだけど、何をどうしてやっていいのか分からない。

そんな気分だったんだと思う。

 

「大丈夫!Y子さんは何もしなくていいよ!私がするからね♪」

そう言っていたのに、母として娘に何かしてあげたい気持ちがあったんだろうと思う。

そしてストレスが積もっていった。

 

結局、妹夫婦が帰省した2日目から起き上がるのも辛そうなほど

Y子さんは元気をなくしてしまった。

病気知らずで、ゴロゴロしないY子さんが横になってしまった。

「腰が痛いから・・・」そんな理由で。

そしてその痛みの鉾先は父に向く。

どうにか病院に連れて行かないといけない・・・そんな状況になっていた。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください