救世主現る! 認知症に朗報?

2015年 GW中

「腰が痛い!」そう言う理由で、体調も優れず機嫌も悪いY子さん。(母)

せっかく遠方から妹夫婦が帰省していたのに、体調も機嫌も悪かった。

 

そんな時、私は久しぶりに会った友人から思いがけず朗報を得ることになる。

それは2015年2月にTBSで放送された「夢の扉+」と言う番組で紹介された

九州大学名誉教授 藤野武彦先生の話だった。

藤野先生は認知機能の改善が認められる「プラズマローゲン」と言う物質を

ホタテから抽出することに成功した方だ。

 

プラズマローゲンとは人の組織に存在するリン脂質の一種で

認知症の方の血液を調べると、そのプラズマローゲンが減少しているらしい。

そこで減少したプラズマローゲンを投与することで、認知機能が改善すると言うのだ。

それってスゴイかも??

  

しかも友人は、その藤野先生と懇意にしていたのだ。

藤野先生は東京と福岡でBOOCSクリニックと言う脳疲労の専門病院の理事長をされている。

 

福岡ならば行けるではないか!!

しかも有り難い事にそのBOOCSクリニックには、循環器外来もあり健康診断も可能だった。

脳疲労外来に行ったついでに、身体も検査してもらえるよう友人が手配をしてくれた。

そして友人からプラズマローゲンのゼリーを分けてもらった。

薬が嫌いなY子さんでも、コーヒー味のゼリーなら大丈夫かも??

 

問題はどうやってY子さんを病院に連れて行くか??だ。

スポンサードリンク

 

ここでも神はY子さんに微笑んだ。

なんと「夢の扉+」と言う番組、Y子さんが毎週見ている大好きな番組だった。

その番組に出演した先生と言うから、Y子さんガッツリ食いついてきた。(笑)

「物忘れは脳の疲れが原因なんだって」

「Y子さん最近、忘れっぽいって心配してるから行ってみない?」

「夢の扉の藤野先生に会えるよ♪」   そう誘ってみた。

 

最初Y子さんは、その放送の事をすっかり忘れていたようだった。

でも話している内に思い出したのか?

それとも脳内メーカーが仮想の記憶を作り上げたのか?その辺は分からないけれど

「知ってる知ってる♪」とはしゃぎ出し、すぐに受診を受け入れてくれた。

 

ありがとう~夢の扉+と我が友よ!!

 

これで認知症治療にも光が射した・・・

心配だったY子さんの身体も検査してもらえる。

 

一石二鳥。

棚からぼたもち。(何か違うね)

 

診察がとても、とても楽しみだった。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください