思いがけない引っ越し騒動!

2015年8月。

お盆が明けてすぐ、父がご飯を取りに我が家に来た時

びっくりするような事を言い出した。

 

「お母さん(Y子さんよ)がね、引っ越ししようって言い出したんだよね♪」と

 

・・・・・・・は??引っ越しですと?

 

その当時、Y子さんは我が家から車で30分ほどのT市に住んでいた。

Y子さんの相手に疲れ気味だった私にとっては、程よく離れた距離だ。

近くもないので、Y子さんも自分ではなかなか訪ねては来ないし

私も頻繁に訪ねるには、ちょっと距離がある。

 

それが我が家と同じO市に越して来ると言うのだ、

しかも我が家からは車で5分程度の場所。

 

実はその場所には父の実家があるのです。

数年前に1人で住んでいた祖母が亡くなり、今は空き家になっているけれど

父が頻繁に趣味で利用しているので、とりあえず使える状態にはなっている。

 

「ちょっと!ちょっと!ちょっと!

そんなに近くに来ちゃったら、ますます私にばかり負担がかかるじゃん!!」

心が狭い私は、まず自分の事を真っ先に考えた。

「目の前真っ暗!お先真っ暗じゃん!

これじゃ将来は、姉の家には絶対に行かなくなるよ!!」

 

父の話に生返事をしながら、正直倒れそうだった私。

 

でもね、確かにそのほうがいい。

T市の実家はけっこう田舎なので、車がないと生活できない。

近くに歩いて行けるお店もない。

このままT市にいたら、車の運転が心配になってきた時が困る。

スポンサードリンク

 

Y子さんだけでなく、父だって同じだ。

 

その点O市の家は、近くにバス停もコンビニも病院や、スーパーだってある。

しかも我が家に近く、父の妹も近くに住んでいる。

こんな便利な場所は他にはない・・・・・それは分かってる。

でも父の実家に住むのを断固嫌がっていたY子さんが、

自分から引っ越しを言い出すなんてマジか??

驚きとともに私は嫌で嫌でたまらなかった。

 

そんな私の心中を全く知らず、父は嬉しそうに話を続ける。

「お母さん、O市に引っ越したら車は要らないから、免許証を返納するって言ってる」と

そりゃ~いい事だわ!!

運転が心配だったのと、簡単に免許を手放さないだろうと思っていたので

それは本当に朗報だ。

心配の種がひとつ減るよね。

 

でもね・・・・私は嬉しくない。

ウキウキする父とは反対に、落ち込む私。

 

これから先の引っ越し作業や、O市の家のリフォーム作業もある。

古い家なので、水回りや畳替えなど

しなくてはいけない事も山のようにあるだろう。

きっとそんな作業も我が家にドンと負担がかかるはずだ。

 

こんな事になるなんて思ってもいなかった。

いつかT市から姉の家に移ると思ってたのに・・・・

ショック。

そんな事しか考えられなかった。

 

「晴天の霹靂」そんな言葉だけが、頭の中をグルグル回っていた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください