ついにキレた!そして悟った事とは。

2015年8月。

父から突然の引っ越し話を聞かされて、パニックになった私。

そんな私の思いとは裏腹に、引っ越し計画はどんどん進む。

 

認知症のY子さんは、思い立ったらすぐにでも実行しないと気が済まない。

「早く引っ越したい!」「すぐに引っ越そう!」と盛り上がっている。

 

ただの思い付きで、すぐにまた気持ちを変えてくれるかもしれない!

そんな期待もしてみたけれど、Y子さんは引っ越し準備をどんどん進めている。

とは言え、自分の荷物を山のように玄関に積み上げるだけの引っ越し準備だ。

 

適当に紙袋に詰め込まれる荷物は、折り畳みの傘にエプロン。

糸ようじに、何故だか取ってあったプリンのスプーンなどなど。

滅茶苦茶なライナップ。

そんなゴミのような荷物が、あっという間に積み上げられる。

 

とにかく荷物を運ぶ前に、引っ越し先のリフォームが先だ。

最初は畳の表替えと、フローリングにコルクマットを敷く。

天井からホコリが落ちて来るから、天井をザッと掃除して・・・

キッチンのシンクを新しい物と取り換えよう。

で、障子と襖を張り替えようね。

その程度の予定だったリフォーム。

 

業者さんに頼まなくても、自分たちで出来ることは自分たちでしよう!

そんな流れになっていた。

当然ながら私と、器用になんでもこなす主人の仕事になってくる。

 

姉に電話をして「Y子さんたち、O市の家に引っ越すんだって」と言うと

「良かった~!!運転の心配もしなくてよくなるから、その方がいいよ!!」と大喜び。

なんだか妙に癪に障る。

「引っ越しとかリフォームが大変だから、姉ちゃんも、義兄さんも手伝ってね!」と言うと

「もちろん!手伝うよ」との返事。

「じゃあ、週末の予定開けておいてね」と言うと

「あ、8月と9月は忙しいからそれは無理!!」とバッサリ・・・

 

おいおいおいおい。

スポンサードリンク

 

Y子さん、荷物を玄関に積み上げてるんだよ。

早く引っ越ししないと収まりがつかないんだよ。

 

「Y子さん、早く引っ越したいって言ってるんだけど」 そう言うと

「だって無理なもんは無理よ・・・秋まで我慢させたら?」と

 

プチっと切れた。

ついに私の堪忍袋の緒がキレた。

今となっては何を言ったのかはあまり覚えていない。

確か「いつも忙しいと言って、何もしてくれない」とか

「私ばっかり大変なんだよ!」とか「私にばかり押し付けないでよ!」とか

そんな事を姉に向かって言ったんだと思う。

 

腹が立って、悔しくて・・・涙が出た。

 

Y子さんが認知症と診断されてからの1年。

その間に溜まっていた、姉への不満が大爆発だ。

 

そんな私に姉は「どうしたの??なんでそんなに怒るの?」

「アナタと私がケンカする事なんてないじゃない!!」と・・・そうのたまう。

そしてこうも言った。

「そんなに無理ばっかりしてると、ストレス溜まるよ。

もっと気楽に向き合ったらいいんじゃないの??嫌々するならしない方がいいと思うよ。

そんなんじゃ、Y子さんや父さんの事を嫌いになってしまうよ~」

「アナタ最近いつもイライラして、私に不満があるんだろうなって思ってたんだけど

私は自分が出来る事を、出来る範囲でしようと思ってるから・・・・」と。

 

なんて自分勝手な言いぐさだ!!

親の為に少しも無理は出来ないと言うんだな!!

しかも私のイライラは分かっていただと??で、無視してたんだな。

 

あまりに腹が立って、「もういい!!」と言って電話を切った。

最悪な状態だった。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください