Y子さん家のご飯事情。

私の日課。

それはY子さんの所にご飯のオカズを運ぶ事だ。

 

認知症と診断される少し前から、食事の支度があまり上手にできなくなったY子さん。

何を作っていいのか?どうしたらいいのか?それが分からなくなってしまったのだ。

買い物に行ってもカゴを持ったままウロウロするだけで、何を買っていいのかも分からない。

そのうち買い物に出るのも億劫になり、ますます食事の支度が出来なくなってしまった。

でも「ご飯を作らないといけない!!」そんな思いがどんどんストレスになっていた。

 

そんなY子さんの様子と、お惣菜中心になっていた両親の健康を考え

毎日オカズを作って父に持たせるようになっていた。

実家のご飯を作り始めてそろそろ2年近くなるかもしれないな・・・

 

初めはタッパに詰めたオカズをただ届けていたけれど、

Y子さんはそのオカズを冷蔵庫に入れたまま、テーブルに出すことを忘れる事も多かった。

タッパに何が入っているのかを、確認することを忘れてしまうらしい。

そのうちタッパにメニュー名を書き込んだシールを貼り付けて渡すようにした。

そして冷蔵庫の扉にホワイトボードを貼り付けて、そこにもメニュ名を書くよう工夫してみた。

これはそれなりに効果があった。

ごはんホワイトボードのメニューを確認しながら

その日のご飯を用意すればいいので、

Y子さんも迷わなくてすむ。

ただ残念な事に、時々炊飯器のスイッチを

スポンサードリンク

 

入れ忘れる時があるらしい。(笑)

届けるオカズも作った物だけでなく、調理が必要な素材も時々混ぜるようにしている。

魚を「煮てね」とか「焼いてね」と書き添えて届けたり、野菜も「茹でてね」と渡す。

ご機嫌により調理せず放置している事も多々あるけれど、ちゃんと調理した時には、

昔と変わらず美味しく調理することが出来るようだ。

 

でもそれは夕飯の時の話。

朝食はトーストと果物、昼食は毎日父がお弁当やお惣菜を買って来る。

それはそれで仕方がないと私も割り切るようにしている。

3食のお世話は到底無理だもんね・・・・

「何にもしなくても食べられるお弁当を買って帰ると、Y子さんがニッコリする。」

そう父は言う。

今のY子さんにとって、ご飯を炊くのもオカズを温めるの面倒なんだろう。(笑)

昔から料理上手で、父が連れてくる大勢の来客にも手料理を振る舞って来たY子さん。

どうやら一生分の料理は既に作り終えているようだ。

今までいっぱい作ってきたから、もう作らなくていいよ・・・・そう思う。

 

これから先、いつまでY子さんの家のご飯を作り続けるのか分からないけれど

出来る範囲で健康を考えてあげようと思う。

 

 

 
認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください