認知症効果?(笑)Y子さん記憶を塗り替え中。

最近のY子さん。

マイブームは30年以上前の、雪国に住んでいた時の想い出話をすること。

以前もその時期の話を繰り返していたが、その時の話は父に対する愚痴の数々だった。

初期の認知症と診断されたばかりのだった当時(約2年ほど前)

鬼のような形相で、父がどんなにヒドイ男だったかを毎日のように訴えていたY子さん。

それに付き合っていた私は、本当に心底うんざりしたものだった。

 

それが今は同じ時期の話をしていても父の愚痴は全く出て来ない。

Y子さんの口からは「あそこは自然がいっぱいでいい所だったね。」とか、

「散歩の度に草花を摘んで、挿し木して増やしたよ!」とか、

「冬はアンタたちが学校に行ってる間に、毎日のようにスキーしに行ってたよ♪」とか

「年末はご近所さんと少し遠くの市場にブリを買いに行ったよ。」などなど・・・・

毎日のように楽しい想い出話をする。(内容はほぼ同じだけどね)

この手の話ならたとえ何度リピートされても、こちらも楽しく付き合える。

前はその頃を連想させるような言葉を使うたびに、

「お父さんは最低の男だった!」とY子さんの怒りが炸裂していた。

いつも地雷を踏まないように言葉を選んでいたものだ。

でももうそんな事も無い。不思議だよね~何でかな???

 

嫌だった記憶は散々出してしまったからスッキリしたのか?

スポンサードリンク

 

言いたいだけ言わせたのが功を奏したのか?

その辺のメカニズムは不明だが、Y子さんの記憶は楽しい記憶に塗り替えられ中だ。

今日は「あの頃が一番楽しかったね♪」などと仰っていた。

以前は「あの頃の事は思い出したくもない。」と仰せだったがな。(笑)

 

認知症のせいだと思うが、Y子さんは記憶を度々作り変える事もある。

行った事がない所も、TVで見た記憶が混ざり合い行った事になっている。

日本のキレイな風景などの特集番組が好きだったので、

行った事があると言う架空の記憶が増えて、それはそれで楽しそうだ。

どうやら最近のY子さん脳内メーカーは、楽しい記憶を作り出すようになったようだ。

今はY子さん自身が心身ともに安定しているからかな?

 

ワンコが来てから、明らかに穏やかになったY子さん。

大好きな花いじりも効果があるんだろう。

やっぱり何かする事があるって事は、色んな効果をもたらすんだろうな。

 

たとえ架空の記憶でも構わない、これからもどんどん楽しい記憶を作って欲しいのもだ。

 

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください