思うようにはいかない現実。

父の留守中にちゃんとワンコのお世話が出来るのか??

そんな心配がストレスになってプチパニックになってしまったY子さん。

それでも先日、父が1泊2日で留守にした際にちゃんとワンコのお世話をしてくれた。

ご飯もちゃんとあげてくれたし、散歩だって行ってくれた。

「散歩中に会った人と話してたら、その人お父さんの同級生だったよ!!」と、

そう嬉しそうに話してくれたY子さん。

父の同級生だと言うその方の名前をちゃんと覚えて帰って来て、

紙に名前と「同級生」と書き込んでカレンダーに貼り付けていた。

 

散歩に行った時のワンコの様子も楽しそうに聞かせてくれたY子さん。

これで自信がついたかな?

また父が留守をしてももう大丈夫かな??そう思っていた。

でもY子さんは相変わらずワンコのお世話の心配をしているらしい。

特に朝はヒステリックになる事も多いらしく、父はちょっと疲れ気味・・・

 

ちゃんとお世話をして、散歩に行った事は少しづづ忘れて行っているようだ。

でも、心配する事だけは忘れない。

忘れて欲しい事はちゃんと覚えていて、忘れないで欲しい事は覚えている。

楽しい嬉しい記憶より、大変な記憶の方が定着するようだ・・・・

負の感情の方がより強いんだろうと思う。

 

それとひとつ家族が勘違いしていた事があった。

Y子さんは動物が大好きで、前に飼っていた犬をとても大事に育てていた。

だからワンコが居たらY子さんが喜ぶだろうと思っていた。

もちろんそれは間違いじゃない。

でも長年生き物を大事に育てると言う事は、楽しい一方大変な事もある。

 

雨が降っても暑くても散歩は欠かさなかったY子さん。

旅行にも行かず、出かけていても犬の為にいつも早く帰っていた。

いつも犬の事を一番に考えていたY子さん、きっと犬も幸せだったろう・・

でもそれはY子さんの犬に対する愛情だけではなく、

スポンサードリンク

 

飼ったからにはきちんと育ててあげないといけない!という義務感もあったのだ。

きっと犬のために我慢していたこともあったんだろう・・・・

我慢できるのが愛情だったのだろう。

Y子さんはとても真面目な人だったから・・・

それはペットを飼っている私にも分かるような気がする。

子育てと同じで可愛い!楽しいだけではない。

大変なこともたくさんあるのだ・・・

そんな事を見落としていた。

ワンコが居れば、Y子さんが喜ぶだろうとそれだけしか考えていなかった。

 

父も私たちも犬の世話には無頓着で、実は何も見えていなかったのかも知れない。

動物を長く育てて看取るということは、生半可な気持ちでは出来ないのだ。

その経験がY子さんにブレーキをかけている。

そんなY子さんの気持ちを見落としていたのかもしれない。

父がワンコの世話をして、無理な時は私が責任をもって育てるつもりだった。

Y子さんはただ可愛がってくれればいいと思っていた。

でもY子さんの記憶がそれを拒んでいる・・・・

 

なんだかな・・・思うようにはいかないな。

そう思い知らされている。

 

ワンコと離れてY子さんが安心するのか?

それとも寂しくて恋しくなるのか?

ひとまず今度の父の留守はワンコを家で預かる事にしよう・・・

どっちの家でもワンコが楽しく過ごせるようにしないとね。

Y子さんの気持ちも大事だが、ワンコも事も大事にしたい。

そう思っている。

 

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください