お犬さま騒動に決着か?

ワンコのお世話プレッシャーで、プチパニックになったY子さん。

未だ症状は改善されていない。

毎朝起きると共に父に対して「早く犬の貰い手を探して!!」

「私はもう生き物は飼わない!!」と食ってかかる毎日。

でも10時過ぎに私が行くと、コロッとそんな事は忘れている。

そして「お父さんの運動の為には犬がいたほうがいいね!」と言う。

「お父さんが世話をするなら飼ってもいい!」と毎日のように言う。

父が「じゃあ飼おうか!」と言うと、「分かった!」と返すY子さん。

でも翌朝には振り出しに戻るのだ。

 

最近は毎日こんな事の繰り返し。

父がどんどん疲れていってる。

機嫌がいい日は「もう家の子になるんだから名前をつけようね♪」と言う。(名前はちゃんとあるんだが・・)

でも翌日は飼う気になったことも、名前をつけようと思ったこともキレイに忘れている。

飼わないと決めた気持から朝がスタートし、やっぱり飼おうかな??って気持ちで1日を終えるのだ。

Y子さんのその日の気分に振り回される父と私。(とワンコ)

一進一退を繰り返し進んでいるように思っていたが、実はずっと同じ場所に立ち往生していた事にやっと気づく。

父はもうギブアップだ・・・

スポンサードリンク

 

父自身も飼いたい気持ちと飼えない気持がフラフラ。

とりあえず「ワンコにお泊り練習をさせる」と言う名目でワンコを我が家に預かって来た。

ワンコが居なくなってY子さんがどう思うのか?

父が寂しいと思うのか?

ちょっと様子を見よう。

このまま両親が2人ともホッとしてしまうようであれば、ワンコは我が家で引き取った方がいいかもしれない。

 

当のワンコは我が家に来て、先住のワンコを相手に大興奮中。

嬉しさのあまり派手にオシッコをチビッている。

そして先住のワンコは子犬のあまりの激しさに、部屋の隅っこで銅像のように固まっている。(笑)

我が家には他にも動物が居るので、ひとまず刺激しないよう違う部屋に隔離中。

少しづづ馴らして行こうと思っている。

 

さてさてどうなりますやら・・・

 

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください