乳がん検診に行こう!

先日の市川海老蔵さんの会見は衝撃だった。

麻央さんまだ若いのにね・・・・・

子どもさんもまだまだ小さいので、同じ母として胸が痛む。

少しでも早く健康を取り戻して欲しいと祈るばかりだ。

このところ芸能人の乳がん話をよく耳にする。

でもそれは決して他人事ではない。

実際に私のごく身近でも乳がんになった人が数人いるのだ。

 

Aさんは毎年きちんと検診をしていた。

でも3年ほど前に自分で触診し、しこりを発見。

早期発見だったので手術でしこりを取り、リンパへの転移もなかった。

しこりも小さかったので、胸の形もほぼ以前のままだ。

彼女は自分で触診することを習慣にしていたので、とても早い段階で発見できた。

でも彼女曰く「がん保険に入っていれば良かった・・・」

「がん治療は思ったよりお金がかかる~」と、そう言っていた。

BさんははそんなAさんの話を聞いてがん保険に入った。

そしてその後の検診でなんと乳がんが見つかった。

触診も思い出した時にしていたらしいが、

乳頭の真下に出来たガンは触診では分からなかったらしい。

Bさんも早期発見ではあったので、乳房温存で手術を受けた。

ところが手術後の検査で乳房にガンが残っていたので、結局乳房全摘出になってしまった。

彼女の場合、喘息の病歴がありMRI検査ができなかった為、

ガンの散らばりがいま一つ確認できなかったらしい。

どちらも40代前半とわりと早い発症だった。

スポンサードリンク

 

 

12人に1人は発症すると言われている乳がん。

もしもの場合は早期発見で!!と触診と検診はきちんとしようと思っている。

私の周りでも最近、「マンモグラフィ」検診をする人は多い。、

でもマンモの他にエコーの検診をプラスする方がいいそうだ。

私の妹は放射線技師で、毎日マンモグラフィを撮っている。

その妹が言うには乳腺が発達している人は、マンモグラフィに写りにくいらしい。

特に若い人は乳腺も多いんだって。

そんな事もちょっと気を付けるといいかもしれない。

 

私も毎年マンモグラフィにエコーを追加して検査している。(若くはないが)

で、ちゃんとがん保険にも入っている。(笑)

 

北斗晶さんの乳がん告知以降、

乳がん検査に来る人の数は大幅に増えたそうだ。

でも肝心なのはその時だけでなく、毎年定期的に検査することだ。

今検査に来ている人が、来年もちゃんと検査を受けてくれるよう・・・

いつもそう思いながら検査をしていると妹は言っていた。

 

決して他人事ではない乳がん。

毎年しっかり検診しようね。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください