あれから2年。

カレンダーを見てふと気が付いた。

そうか・・6月なんだね。(今さらだが)

6月と言えば忘れもしない!

Y子さんを病院に連れて行こうと決心したのが2年前の6月だった。

その時の話

「きっと認知症だ!そう確信した旅」

あれから2年。

なんだか本当にあっという間だった。

 

その頃のY子さんと今のY子さんを比較してみると、

短期記憶は明らかに衰えている。

さっき言った事や聞いた事を忘れるのは日常茶飯事。

前日の夜に電話で話したこと自体、すっぽり忘れてるなんていつもの事だ。

でも不思議なことに昨日の事は覚えていなくても、

2~3日すると忘れていた記憶が復活してることもあるのが面白い。

 

短期記憶以外で2年前と比較して衰えている事は実はない。

それどころか改善している事はそこそこあるのだ。

2年前はとにかく攻撃的で、父の悪口を延々言い続けていたY子さん。

食欲もなく痩せて顔色も悪かった。

人に気を遣うという感情もあまりなく、一緒に居てどんどん神経がすり減っていた。

イライラした鬼のような顔をしているか、

口を半開きにしてぼ~っとしているか・・・・

今となってはそんなY子さんの顔しか思い出せない。

でも今のY子さんは食欲もあり顔色もいい。

一時期に比べれば顔もふっくらとなった。

人に気を遣うと言う感情もずいぶん戻り、温和になった。

何より父の悪口は激減し、攻撃的な態度が無くなった。

ま、時々は機嫌が悪く攻撃的にもなるが、2年前とは比較にならない程度だ。

 

外に出る事はほとんど無くなったが、

スポンサードリンク

 

庭の手入れやワンコの世話など、自分に出来ることは以前より積極的にやっている。

あ、散歩はちゃんと行っている。

 

何より鬼のような顔つきだったのが、すっかり無くなったのが嬉しい。

精神的に落ち着いていれば、短期記憶の衰えなど取るに足りない事だ。

本当にそう実感している。

口を半開きにしてぼーっとした顔も、今では全く見る事はない。

今思えばあのぼーっとした顔は薬のせいだった思うが・・・・

 

今は病院にも行ってないし、薬も飲んでない。(サプリは飲んでるよ)

それでもY子さんは驚くほど元気だ。

進んでる部分と改善している部分があり一進一退と言うとこかな。

 

この2年の間に一番変わったのは実は私だ。

自分一人が苦労しているような気になって、いつもイライラしていた。

これからどうなるのか?そんな不安でいっぱいだった。

そんなイライラで嫌々な態度がY子さんに影響していたのかもしれない。

姉と喧嘩をし、娘に救われ・・・・

色んな事があった中で少しづつ気持ちも変わって来た。

今はなるようになると開き直れるようになってきた。

心配性で悲観的なとこは相変わらずあるが、

それでも自分なりに気楽に考えるよう努力している。

 

まだたったの2年で先はまだまだ長い。

これから先のことは全然想像できない。

でもその時々で出来ることをして行こうと思う。

そして来年の6月も明るい気持ちで1年を振り返れるといいな・・・

そう願っている。

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください