記憶の不思議。

初期の認知症であるY子さん(母)。

同じ話を何度もくり返したり、ご飯が作れなかったり、

それなりに色んな症状が出ている。

でもまだまだしっかりしていて、日常生活に問題はない。

それでも最近目立つのは短期記憶障害だ。

さっき言った事や、昨日の出来事を忘れるなんて日常茶飯事。

こちらもすっかりそれに慣れて、もうなんとも思わなくなっている。

逆に昨日の出来事をくっきり覚えている事があると、

「お~!!Y子さん凄いじゃん!!」と驚くほどだ。(笑)

遠方に住む妹が前夜に電話したことも、

姉や甥っ子が前日に訪ねて来た事も、ほぼ記憶していない。

うちの娘が来た事は時々覚えているが、忘れてる事も多い。

でも保険屋さんが来た事や、昨日見た番組を覚えていたりもする。

先日久々に孫ちゃん(うちの息子ね)が来た事は、

翌日になってもしっかり記憶に刻まれていた。

 

珍しい出来事の方が記憶に残りやすいのか??

そう思うときもあるが、数か月前の熊本地震の時は全く覚えてなかった。

熊本県地震とY子さんの話。

何がどうなって、記憶に残ったり残らなかったりするんだろう・・・

いつも不思議でならない。

 

スポンサードリンク

 

ところが今日その不思議がますます深まった。

たまたま話の流れで4月の熊本県地震の話になった。

するとY子さんが「あれは怖かったね~」

「私は着替えてなるべく柱の近くに居たよ。」と言ったのだ。

その様子は地震直後に父から聞いた話と同じだった。

地震直後は全く覚えていなかったのに、

どうやら今はその時のことを鮮明に覚えているようだ。

 

前日の事を覚えてなくても、何回かその話を繰り返すと、

数日後には覚えている事は時々ある。

でもキレイさっぱり忘れていた出来事が、

こんなにリアルに思い出せた事ってあまりないかも?

地震はきっとそれだけ衝撃の体験だったんだろう・・・

逆に翌日キレイに忘れてた事の方が驚くべきことかもしれないな。

 

定着しない、覚えていないと言われる認知症患者の記憶。

でももしかしたら、全然違う引き出しに仕舞われていて、

開けられないだけかももしれない・・・・

記憶って本当に不思議だね。

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください