認知症になりにくい人って?

認知症についてPCで検索をしていると、

「認知症になりにくい人」とか「認知症にならない為に」とか、

よくそんな見出しを目にする。

ザックリ目を通すが、どれも似たような事が書かれている。

「運動をしている」とか「野菜を良く食べる」「肉より魚が好き」

「社交的である」「楽観的である」などなど。

また「高血圧や糖尿病ではない」「肥満ではない」なども重要な要素らしい。

こんな「認知症になりにくい人」の条件にY子さんはしっかり当てはまっていた。

 

昔から明るく社交的で出かける事も多かった。

健康には気を使い野菜や魚もしっかり摂っていた。

毎日のウォーキングや犬の散歩。

テニスだってずっと続けていた。

太ってもおらず、血液検査で異常が出たこともない。

 

昔から手先が器用な人はボケない。とか言われていたが、

スポンサードリンク

 

Y子さんは長年趣味で細かい手作業をしていた。

認知症予防には「料理をする」事が効果が最も高いとも聞くが、

これも残念ながらY子さんには効果がなかったようだ。

昔から料理上手でいつも何でも手作りしていたのにな・・・

 

こうやって改めて昔のY子さんを振り返ってみても、

認知症になりにくい人の代表選手みたいな人だった。

そう思うとこんなのもあまり当てにはならないと、

ついつい突っ込みたくなるのも仕方ないだろう。

 

まあ、何が良くて何が悪いのか?

分からないから困る病気なんだけどね。

「認知症になりにくい人、なりやすい人」

あまり気にしてもしょうがないね。

今日はそんな事をつい考えてしまった1日だった。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください