認知症が生んだ効果?

先日親戚に不幸があった。(伯父ね)

いつもはウォーキング以外ほとんど外出しないY子さんが、

2日間に渡って出かける事になった。

久しぶりの外出で疲れて不機嫌にならないだろうか?

思った事を遠慮なく言うようになっているY子さんだから、

思いもよらない事を喋ったりいないかな??

そして何よりY子さんが認知症になってる事を、

親戚の皆さまに知られるのも気が重かった。

心配性の私はそんな事をあれこれ心配していた。

 

元々Y子さんはご親戚の方々(小姑さま方)とはあまり仲がよろしくない。

今回も父はY子さんが嫌がるようなら連れて行かないと言っていたのだ。

今までは法事などもY子さんは不参加を決め込む事が多かった。

でもY子さんは「え?私も行くよ」と何事もなかったように参加した。

なので今回久しぶりに小姑さま方と顔を合わせる事になったのだ。

 

顔を合わせたご親戚の方々は、Y子さんの登場をとても喜んでくれた。

そしてY子さん自身も何事もなかったかのように、

にこやかな顔でお喋りをしていた。

一見Y子さんは認知症になっているようには見えない。

ただしばらくお喋りをすると、あれ?もしかして?・・・と、

そう相手に思わせるのではないかと思っている。

きっとご親戚の方々もそう感じたと思うけれど、

もちろんそんな事は皆さまおくびにも出さない。

 

父は多くを語らない男なので何も話さないが、

Y子さんが唯一懇意にしている叔母が、時々遊びに来ているので、

そちらからとっくに話は伝わっているのだろう。

皆さんY子さんに優しく接してくれていた。

 

私と父の心配をよそにY子さんは2日間を無事に終えた。

スポンサードリンク

 

翌日も疲れを見せることなく、ご機嫌だったY子さん。

ご不幸があったのに、元気で楽しそうだったとは不謹慎だが、

久しぶりに集まった親戚同士がゆっくり話をする機会になり、

色んなわだかまりが無くなった事は事実だ。

 

認知症になる前のY子さんなら、お通夜だけの参加で終わっていた。

小姑さま方とも表面上だけにこやかに挨拶を交わし、

帰りは悪態をついていたに違いない。

それだけ昔は苛められたって事なんだけどね・・・

そんな記憶が薄れて来たのはいい事だよね。

 

去年からY子さんが住んでいる家は父の実家だ。

その父の実家に引っ越しをするとY子さんが言い出した事自体、

まさに青天の霹靂の出来事だったのだ!

その時の話はこちら→思いがけない引っ越し騒動!

 

Y子さんは父との結婚を大反対されて、

駆け落ち同然で父と一緒になったと言う。

なので祖母ともずっと折り合いが悪かった。

ずっと嫌われ続けてきたY子さんは、

父の実家の前を通ることすら嫌がっていたのだ。

それがその実家に引っ越すと言い出したのだから、

家族が驚くのも無理はない。

Y子さんが認知症にならなければあり得ない事だった。

 

忘れて欲しくない事をどんどん忘れてしまう認知症。

最悪な病気だと思っていた。

でも忘れた方がイイことだって人生には沢山ある。

そんな事を忘れて穏やかになれるなら、

それはそれで悪い事ばかりじゃないかもね。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください