靴を買いに行こう!

認知症になって以降、外出を嫌がるようになったY子さん。

最近は「ドライブに行こう!」とか

「ランチにでも行かない?」と誘っても、首を縦には振らない。

とは言え「引きこもり」とは少し違う。

なぜならウォーキングにはほぼ毎日出かけてるから。

そしてお通夜やお葬式などの付き合いや、予約している健康診断など、

必ず行かなければいけない事は、文句も言わずにサッと出かける。

だから「引きこもり」だとは思わない。(多分)

でもやはりどうしても行かなくてはならない事以外は、

「また今度にする・・・」とか「その内ね・・」などどやんわり拒否する。

 

実はY子さん、黒い靴を買いに行かなければいけない。

先日叔父のお葬式の際気がついたのだが、

Y子さんの冠婚葬祭用の靴がないのだ。

きっと引っ越しの時に処分してしまったのだろう。

叔父のお葬式には黒のシースルーのサンダルを履いていた。

私も喪服や黒のストッキング、ネックレスの世話はしていたが、

まさか黒い靴がないとは思わなかったのだ。

その日以降、事あるごとに「靴を買いに行こう!」と誘うのだが、

急を要さないこの買い物に対して、Y子さんは全く反応しない。(苦笑)

 

「今日は暑いから・・・」

「着替えて化粧するのが面倒だから」などなど毎回色んな言い訳を口にする。

「急にお通夜とかが入ったら困るよ!」と言ってはみるが、

「その時は靴の飾りを外して履くから大丈夫!」と、

スポンサードリンク

 

下駄箱に入っている飾り付きの黒い靴を壊すつもりのようだ。

そんな事は考えつくんだな・・・

「それはオカシイから買いに行こうね!!」と繰り返す私。

たった1足の靴もなかなか買うに至らない。

 

先日娘も靴が必要になったので、Y子さんも一緒に行こうと誘ってみた。

いつもは何だかんだと断って来るY子さんだが、

可愛い孫ちゃんの誘いは断りにくいらしく渋々OKした。

これでやっと靴が買えるよ・・・そう思っていたのに。

その後すぐにY子さんから嬉しそうに電話がかかって来た。

「今日は○○君(甥っ子)が来るんだって♪だから靴は買いに行けないわ!」と。

「じゃあ、姉も甥っ子も一緒に出かけようよ!」とは言ってみたが、

「きっと〇〇君は家でゆっくりしたいと思うからまた今度ね」と断られた。

 

姉ちゃん・・・タイミング悪すぎるぜ。

いったいいつになったら靴が買えるんだろう。

 

お出かけもお買い物も大好きだったY子さん。

「今までいっぱい出かけたから、もう出かけたくない」と言う。

「洋服も靴もいっぱい持ってるからもう要らない」と言う。(黒の靴はないが)

そんなこと言わずに出かけようよ。

脳に刺激を与えようよ!!

せめて黒の靴は買いに行きたい・・・・・

私もY子さんに負けずに誘い続けようっと。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください