どうしても言えなかった事。

数年ぶりに従妹と会った。

少し離れたところに住んでいるので、

お互いの中間地点にあるショッピングモールが集合場所だ。

ランチをして、そしてまたcafeに入って夕方まで喋りっぱなし。(笑)

お互いの近況や子どもの話など、会話は尽きる事はない。

久しぶりにとても楽しい時間を過ごすことが出来た。

 

従妹はY子さんの妹の娘だ。

なので当然会話はY子さんや叔母の話になる。

叔母は相変わらず元気で、今も仕事をしているという。

ついでに近くに住む伯父(Y子さんの兄)の様子も聞くことができた。

80歳を超えたが、まだまだ元気で過ごしていると言う。

羨ましな~

「伯母ちゃんは元気?」と従妹に聞かれ、

「うん元気よ!」そう答えた私・・・

確かに身体も気持ちもまだまだ元気だ。

でも本当は違うよね・・・

 

Y子さんと叔母は、、少し離れた所に住んでいるせいもあり、

普段あまり交流がない。

Y子さんがお墓参りや法事に行く以外、なかなか会う機会はないようだ。

だから叔母も伯父もY子さんの今の状態を知らない。

誰よりも勝ち気で、誰よりも行動的だったY子さんが認知症だなんて、

スポンサードリンク

 

きっと想像すらしていないだろう。

 

「実はお母さん、認知症になっちゃってさ~」

そう何度も言おうと思った。

でも言えなかった。

なぜ言えなかったのか?

本当は言うべきだったのか?

私には分からなかった。

 

自分の姉が認知症になったら?

私はやっぱり教えて貰いたいと思う。

そして出来る限り姉に会いに行くだろう。

今そう考えると、やはり言うべきだったのかも?と後悔した。

でも今更「ホントはね・・」なんて言おうとは思わない。

やっぱりこういう事は面と向かって話したい。

 

「今度からもっと頻繁に会おうよ!」

「3か月に1回くらいはランチしたいね!!」

帰り際にそんな約束をして従妹と別れた。

今度会う時はちゃんと話すようにしよう。

絶対に言おう。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください