Y子さんに聞く健康の秘訣。

Y子さんはとても健康だ。

少し前に胃潰瘍にはなったけれど、

それ以外に大した病気もせず、76歳の今まで元気に暮らしてきた。

この年齢になると、何かしらの薬を飲んでいる人も多いようだが、

Y子さんは全く悪いところがないので、その必要もない。

脳以外はね・・・・(苦笑)

そんな健康Y子さん、今日は何故か運動について熱く語ってくれた。

 

もともと運動が好きだったY子さんは、長年テニスをしていた。

それ以外にも犬の散歩で1時間のウォーキング。

毎日欠かさず運動をしていた。

認知症になってからはテニスは止めてしまったけれど、

1時間のウォーキングはずっと続けている。(犬は居ないけどね)

でも雨の日や忙しい日はウォーキングはお休みするそうだ。

無理をしないとこが長く続けられる秘訣らしい。

 

Y子さんのウォーキングは、ただ歩くだけではない。

1kgのダンベルを持ち、腕を大きく振る事を意識しながら歩く。

そして歩幅を大きく、なるべく速足で歩くことが重要だそうだ。

車の通らない場所では、後ろ向きで歩くことも・・・

う~ん後ろは止めて欲しいぞ(汗)

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングが出来ない日も独自の運動を取り入れているらしい。

TVを見ながらストレッチをしたり、つま先立ちや片足立ちもする。

「なんの効果があるの?」と聞いてみたら、

「なんか身体に良さそうだから!」と、効果のほどは不明だ。(笑)

他にも足の指で「グー、チョキ、パー」をしたり、

足の指で新聞をめくったりするらしい。(大笑)

確かに足の指を開くのは大事なことのようだ。

数日前のTVでそう言っているのをチラッと聞いた。

 

しっかり運動を取り入れ、毎日元気で健康に暮らしているY子さん。

これからも積極的に運動をしてい欲しい。

でも良かったら脳のための運動もお願いしたいな~

同じように認知母様がおられるお仲間さんから教えて頂いた運動。

「本山式筋トレ」、Y子さんにおススメしているけれど、

なかなか思うようにはしてくれない。

これがウォーキング同様、定着してくれるといいけどな。

脳も身体も運動で元気に・・・

これからの大きな課題であります。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください