スーツを作ろう!

週末、息子の成人式用のスーツを作りに行った。

チャラ男でシャレ男(笑)の息子は、着るものになかなかウルサイ。

成人式のスーツはこだわって作ると前々から張り切っていた。

ハッキリ言ってけっこう面倒くさい男である。(笑)

その反対に娘の方はオシャレに全く無頓着で、

22歳にもなって色気も何も全くない・・・・(涙)

2人を足して半分に割ったらちょうど良かったのにな~

思うようにはいかないものだ。

 

息子が目を付けていたオーダーのお店。

こんな田舎にも洒落た若者向きもスーツを作るお店があるんだ・・・

そうビックリするほどこじゃれた店だった。(オバサンくさいわ~)

まずは生地選び。

いくつか候補を選び、わざわざ外に出て太陽光での色の確認。

やっとこさ生地が決まったと思ったら、そこからが長かった。(汗)

やれ襟の形だ、ポケットの数や角度だ。

ボタンの色や素材の選定に、ボタンホールの数や糸の色・・・

ベストだって襟付き、襟なし、色々ある。

あ~メンドクサイ。(汗)

極めつけは裏地とベストの背中部分を、派手な生地にするんだとさ。

 

スポンサードリンク

 

ハッキリ言って息子は即決型の人間ではない。

どの工程もひとつひとつ丁寧に見て、納得するものを選ぶ。

分厚い生地見本(裏地用)を1枚1枚丁寧にめくり出した時は、

気が遠くなりそうだった・・・・(汗)

今どきのスーツってホント色々な形やオプションがあるんだな~

若者向きだから尚更選択肢が多いのかもしれないが、

こんなに大変だとは思わなかったよ。(汗)

 

やっと全てが決まったら、ようやく採寸。

数時間かけて納得いくものを選んだ息子は満足そうだったが、

あらゆる工程でオプション料金が発生するさまを、

ドキドキしながら眺めていた母は手に汗を握っていた。(笑)

 

カードで支払いを済ませ、ヨロヨロしながら店を後にした。(苦笑)

出来上がりは11月の初め頃らしい。

息子は「あざっす!」と言いながらニコニコしていた。

 

年が明けたら成人式。

まあ、なんだかんだ言っても息子の晴れ姿は楽しみだ。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください