Y子さんの部屋。

昨日の予告通りY子さんの部屋から洋服を引っ張り出しに、

今日は気合を入れて実家に向かった。

いつものように家に入ると、週末の法事の準備の為、

父とY子さんはせっせと座布団を干していた。

仲良く共同作業をしているならそう機嫌は悪くないようだ。

冷蔵庫にオカズを詰め込み、早速Y子さんに声をかけた。

「Y子さん、法事の時の洋服を一緒に選ぼ~!」

 

Y子さんは「別に何を着てもいいじゃない。」と乗り気ではない。

「せっかくだからオシャレしようよ~」と言いながらY子さんの部屋に侵入した。

相変わらず薄暗い部屋だこと・・・(汗)

厚めのレースカーテンを閉め切って、なかなか風を通さない。

「洋服の色が褪せる。」そんな理由で部屋に差し込む光を極端に嫌う。

「これ着るから選ばなくてもいい。」とY子さんが出して来た洋服は、

思った通り真夏に着る服だ。(今年の夏にヘビロテしたやつね)

「もう秋だから秋らしい格好にしようね。」

「まだ暑いからこれでいいのに・・」とむくれるY子さんをやんわりなだめ、

秋ものの洋服を探すためにタンスを開けた。

 

でも部屋が暗くてタンスの中がよく分からない。

スポンサードリンク

 

電気をつけようと思ったら、なんと部屋の照明がないのだ。

引っ越した時に主人が付けた大きい照明の代わりに、

部屋の隅っこに小さい小さい照明がぶら下がっている。

しかもその照明にはぐるっと新聞が巻かれている。(汗)

「電気の光で洋服の色が褪せるから。」そうY子さんは言う。

認知症になって以降、やたらと洋服の色が褪せる心配ばかりする。

マジで病的・・・・(そうか病気だもんね)

 

カーテンを開けて、役立たずな照明をつけても薄暗い部屋。

そこでなんとかタンスや押し入れの中から洋服を探し出した。

私があちこち開けて洋服を引っ張り出すのを、

嫌な顔で見ていたY子さんだったが、意外にも文句は言わなかった。

おかげでなんとか秋のお出かけに合う服を見つけることができた。

あとは当日の朝に早めに実家に行って最終チェックだ。

 

薄暗くて山のように洋服が詰まったY子さんの部屋を見て、

改めてなんとかしなきゃな・・・と思った私。

は~なんとか・・・なるのか?


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください