一番喜んだのは誰?

バタバタの3連休が無事に終わった。

なんだかホントに大忙しだったので、今日は反動でグッタリ。

ゴロゴロしたいところだが、溜まった雑事に追われている。

家の掃除もペットのお世話もおざなりだったので仕方ない。

昨日は夜の飛行機で帰った妹を、Y子さんと一緒に空港まで送った。

Y子さんは全く疲れも見せず、ずっとニコニコ楽しそうだった。

この3日間、不機嫌になることもなく終始ご機嫌だったよ。

 

でもこの連休の間、一番元気で一番楽しそうだったのは父だった。

法事が無事に済んだ事も大きかったのだろうが、

Y子さんが楽しそうな事がとても嬉しかったようだ。

いつも以上にお酒もすすんで、赤い顔をしながらニコニコしていた。

「毎日こんなふうに賑やかにご飯を食べれたらいいな~」と、

そんな事を言いながらモリモリご飯を食べていた。

普段のY子さんと二人の生活は、私の想像以上にストレスが溜まるだろう。

ご飯だって差し入れのおかずでは出来立ての美味しさは味わえない。

スポンサードリンク

 

きっと父は色々と我慢をしてる事も多いんだろうな~

 

たまにはオカズを差し入れするだけでなく、食事に呼んであげればいいのだが、

食べる時間帯がなかなか合わない。

我が家の夕食は夜の8時過ぎなので、両親には遅すぎるのだ。

休日なら・・・とも思うが、休日は私自身がゆっくりしたい。

でもニコニコ嬉しそうにご飯を食べる父を見ていたら、

たまには「ご飯を食べにおいで!!」と誘ってあげようと反省した。

 

親戚が来たり姉家族が3日間、毎日遊びに来たり。

私自身も朝から晩まで実家に入り浸っていたので、

いつも誰かがY子さんの相手をしていた。

きっと父も少しはリフレッシュできたんじゃないかな??

バタバタの3日間。

でも父にとっては楽しく充実した3日間だったように思う。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください