駐車場。

Y子さんの家には駐車場が1台分しかない。

そこには父の車が入っているので、私はいつも家の前の道端に車を停めている。

センターラインはなく車2台がなんとかすれ違える程度の道幅。

そこに車を停めているのだから、当然通行のお邪魔にはなる。

交通量はそこまで多くはないが、時間帯によっては迷惑になってしまうのだ。

幸いご近所さんから通報された事はないが、長時間駐車は気が引ける。

Y子さんが今の家に引っ越してきてちょうど1年。

気にしつつもこのままの状態で毎日を過ごしていた。

 

ところがここ1カ月ほど前から、Y子さんがやたらと路駐を気にするようになった。

道に停めている私の車が原因で、事故でもあったらどうするの??と言う。

確かにその可能性は否定できない・・・・

でも祖母が住んでいた時から、何十年もそうして路駐して来た家族は、

正直そこまで深く考えた事はなかった。

でも1回気になる事が出来ると、Y子さんはいつまでも拘り続ける・・・

毎日のように父に駐車場がないと危ない!と言うようになった。

 

まあね、確かにY子さんの仰ることは最もですわ。

そこで父は近くのコンビニの駐車場の1画を月極で借りることにした。

これで父か私がコンビニに駐車すればすむ。

これにて一件落着!!となるはずだった・・・・

でもY子さんの心配はまだまだ尽きない。(汗)

叔母や姉、孫(うちの子)がそれぞれ車で来た時に停められないと言う。

スポンサードリンク

 

そんな何台もいっぺんに来ることはそうそうない。

そんな状況は先日の法事の時くらいだ。

でもY子さんは駐車場が気になって仕方がない。

 

で、結局 庭に新しく駐車場を増設することになってしまった。

前々からそんな案は出ていたのだが、正直そこまでする必要はあるの??と、

保留になっていたのだ。

庭はそこそこの広さがあり、年寄り2人で手入れをするのも大変なので、

半分ほどを駐車場用に埋める事になった。

 

今までは駐車場に車を停め、階段を登って家に入っていたが、

庭に駐車場を作ったことによって、階段を登る必要はなくなった。

そして業者さんの提案で、車椅子を使う必要が出た場合も困らないよう、

庭からスロープも作って頂いた。

確かに今後の事を考えると、これで正解だったかもしれない。

路駐もしなくて良くなったしね。

 

詰めれば車が5~6台は入るようになった広い駐車場を眺めて、

Y子さんはとても満足そうだった。

「これで何台でも停められるから、みんな遊びに来れるね♪」と。

同じくその駐車場を眺めながら、

「そんな何人も来ないって・・・・」と私はコッソリ呟いた。(笑)


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください