認知症にガーデニングが効果あり??

先週からしばらくお天気の日が続いていた。

私が友人の引っ越しで忙しく、なかなか実家に行けなかった間、

実はY子さんはガーデニングに勤しんでいたらしい。

少し前に以前住んでいた家の庭から、長年育てていた草花を移植していた。

それを挿し木にしたり、植え替えたり、いろんな作業が残っていたようだ。

そう言えば新聞広告のゴミ箱があまり出来上がってなかったっけ。

きっとガーデニングで忙しかったんだね。

 

忙しくて毎日バタバタしているうちに、

気が付けば庭のあちこちに花が咲き乱れていた。

アメジストセージの紫の花や、ピンクのチェリーセージ。

赤いガーベラや菊の花。

挿し木にした枝の脇からは新芽もたくさん出ている。

花が好きなY子さんが少しづつ増やしていたのだ。

 

そう言えば前にこんな記事を読んだ事がある。

スポンサードリンク

 

ガーデニングや園芸は認知症の予防や改善にいいと言うものだ。

自然の中で植物を育てる事で、季節の移り変わりを感じ、

精神の安定を図る効果があるらしい。

最近Y子さんが安定していたのは、この効果だったのかもしれない。

 

今日も私がおかずを持って行くと、Y子さんはせっせと雑草を抜いていた。

そして機嫌よくニコニコしていた。

運動会の苦い想い出話は、もうY子さんの口から出てこなかった。

昨日は小雨が降ったせいで機嫌がイマイチだったのかもしれない。

同じ愚痴を何回も何回も聞かされなくて良かったよ。(笑)

 

これから寒くなるとガーデニングをすることは減るだろう。

それまで、せっせと庭いじりで脳に刺激を与えて貰いたい。

明日も天気になりますよ~に。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください