羨ましいと思ったこと。

先日娘と温泉に出かけた。

化粧水のように濃厚なお湯が人気の、山間の小さな温泉宿だ。

時間が少し早かったせいか、大浴場にはおばあさんが1人だけ。

「こんにちは!」と挨拶を交わし、ウキウキしながら温泉に入った。

少し硫黄の香りのするお湯は、評判通りトロトロ気持ちがいい。

娘と話をしながらノンビリお湯を楽しんだ。

 

そのうち洗い場に居たおばあさんもやって来て、

なんとなく一緒に話をするようになった。

遠方に住む息子さんが休暇で帰省されており、

ご両親を温泉に連れて来てくれたそうだ。

ニコニコ嬉しそうにそう話をしてくれた。

 

年齢は87歳だと言うおはあさんは、驚くほどお元気だ。

足腰もしっかりしており、浴槽にも苦も無く入られた。

普通の声で会話する声も、きちんと聴きとっておられ、

話のテンポも全く遅くはない。

スポンサードリンク

 

本当に心も身体も元気いっぱいと言う感じだった。

 

87歳と言えばY子さんより11歳も年上だ。

それなのにこんなにお元気だなんて、本当に羨ましい。

比べても仕方がない事だとは分かっていても、

ついついY子さんと比べてしまう。

何が違っていたんだろう?

何をどうすれば良かったのだろう??

元気に話をするおばあさんを見て、そう思わずにはいられない。

Y子さんもこんなイキイキしたおばあさんになる予定だったのにな~

 

ふと気が付けば最近、街で元気なお年寄りを見かけると、

ついついY子さんと比べる癖がついている。

そして羨ましいと思っている自分が居る。

つまらない癖がついたもんだ・・・そんな事に気が付いた。

こんな癖は早く治してしまおうっと。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください