どうしてもリセットできない事。

毎日Y子さんの家に届けるオカズ。

それらはオカズにあわせた大きさのタッパーに詰められる。

陶器の保存容器だったり、耐熱ガラスだったり、

普通のプラスティックだったりと素材は様々だ。

そして食べ終わって空になったタッパーは、

Y子さんが袋に入れ、勝手口の脇のフックに掛けてある。

それを私が毎日持ち帰るという仕組みになっているのだ。

 

普段は私が持込んだタッパーばかりなので、Y子さんも迷わずにすむ。

ところが時々、姉がオカズを数品差し入れしたり、

叔母が「たくさん作ったからどうぞ!」と差し入れてくれたりする。

それ自体はとても有難い事なのだが、困るのはタッパーの返却。

Y子さんの頭の中には「タッパー=私に返却」の図式が刻まれている。

何度「コレは私のじゃないよ!」と言ってもダメなのだ。

気が付けば私が持ち帰る袋によそのタッパーが入り込んでいる。

スポンサードリンク

 

 

「コレは姉ちゃんの家のだから、こっちの袋に入れるね」

そう言って姉が持ち帰る為の袋に入れ、違うフックに掛けてみる。

それでもたまにしか実家に来ない姉の袋はいつしか無くなり、

やっぱりタッパーは私の袋に入り込んでしまう。

何度言っても一度思い込んだ事をリセットできないのだ。

姉のものならまだいいが、叔母の家の器だと本当に困る。

 

一度思い込んでしまった事が脳に刻まれ消えないY子さん。

一体どうしたらいのだろう・・・・

たかがタッパーなんだけど、人様の物に違いはない。

今日も袋に見慣れないタッパーとガラスの器が入っていた。

さて・・・・また返却バトルの始まりだ。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください