行って来ました!オバサン女子旅報告。

3姉妹で行く「石川・富山・岐阜」オバサン女子旅。(笑)

日曜日の夜に無事帰って参りましたのでご報告。

 

行く数日前から荷物の準備でアタフタしていたY子さんだったが、 

出発当日は用意した洋服をちゃんと着込み、

部屋に下着や洋服を広げる事もなく、準備万端で私を待っていた。

不測の事態に備えようと早めにY子さんの家に行ったが、

朝からバタバタせずに済んで本当に助かった。(笑)

父に見送られてY子さんと姉と3人で空港に向かう。

この3日間で父が少しでもリフレッシュ出来るとイイけど・・・

 

ところが空港に着くと早くもトラブル発生。

飛行機の出発が遅れているうえ、行先(小松空港)の天候不良のため、

「場合により成田か大阪に着陸します。」との条件付き運行になった。

もし成田に着陸されちゃったら、金沢まで4時間以上かかる・・・

大阪からだって3時間以上たっぷりかかるようだ。

ここでY子さんが「もう行かない」と言い出さないかヒヤヒヤしたが、

「なるようになるよ♪」となんともお気楽。

楽しそうにお喋りをする姉とY子さんをよそに、

私は必死で成田と大阪からの金沢までのアクセスを調べていた。

結局、定刻より遅れて飛び立った飛行機は、無事に小松空港に到着した。

金沢で妹と合流し、ここからオバサン4人旅がスタートした。

dsc_0747

金沢の夜は美味しい日本海のお魚とお酒を楽しんだY子さん。

その晩は夜中の12時まで楽しそうにお喋りに花を咲かせていた。

話の内容は・・・・もちろん昔話のリピートですわ。(笑)

それでも楽しい想い出話が多かったので助かったよ。

 

2日目。

朝から富山の知人の家に向かった。

両親が九州から雪深い飛騨市に転勤になった時、

家族ぐるみで大変にお世話になった方だ。

スポンサードリンク

 

義理堅いY子さんは何十年も前の恩を忘れないのだ。

久しぶりにお逢いして楽しいひと時を過ごさせて頂いた。

 

その後、レンタカーを飛騨市に向けて走らせた。

近づくにしたがって雨は雪に変わり、山は雪で白くなる。

降りたての真っ白な雪が木々に積もり、とてもキレイだった。

4人の会話も雪が多い冬を過ごした時の想い出話になる。

もうこんな雪景色を見ることはないと思っていただけに、

思いがけない神様からのプレゼントのような気分だった。

Y子さんはやっぱり運が強いな~。(笑)

飛騨市でも懐かしい知人と会い、Y子さんはとても嬉しそうだった。

 

その後、昔過ごした場所を巡った。

住んでいた場所や通った学校、よく遊んだ場所や通った店。

何もかもが懐かしかった。

すっかり変わった所も多いが、全く変わっていない場所もある。

どこを通っても何を見てもどんどん記憶が蘇る。

その場所で一緒に過ごした4人だったからこそ共有できる思いがある。

昔の想い出がどんどん溢れて、話が尽きなかった。

これが主人や娘との旅だったら、きっとここまで盛り上がれなかったね。

Y子さんのおかげで、思っていた以上にイイ時間を過ごせた。

 

その晩は飛騨市の温泉に宿泊した。

4人でゆっくり温泉に浸かりながら、雪景色を楽しんだ。

Y子さんは疲れを見せず、また夜遅くまでお喋りしていた。

昔の父への愚痴もちょいちょい挟み込んでは来たが、

それも場所柄仕方がない。

それでも楽しい想い出話の方が多かったので助かった。

オンナ4人。賑やかに更けていく2日目の夜だった。

 

つづく。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
認知症 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください