行って来ました!オバサン女子旅報告。 後編

旅行最終日。

朝から温泉に入り元気いっぱいのY子さん。

前日は色んな事がありすぎたので、記憶はどこまで定着しているのか?

少しずつ探りながら会話をしてみた。

会った知人が3組→これは若干「ん?」と言う顔をしたが、

話を聞いてすぐに思い出したようで、無事に話に乗っかって来た。

よしよし!ちゃんと記憶に残っているぞ。

 

訪れた場所→あまりにも多かったせいか、記憶が曖昧な所も少しある。

それでも雪景色がキレイだった事はしっかり記憶していた。

これなら用心せずに前日の話が出来そうだ。

「昨日は楽しかったね♪みなさん元気で良かったね!」と話しながら、

ふたたび雪景色の中、車を走らせた。

dsc_0899

風もあまりなく、気温も低いおかげで木々に積もった雪はキレイに残っている。

やっぱり雪景色はキレイだな~♪

Y子さんは見飽きる事なく外を眺めていた。

 

今日の目的地は「白川郷」。

昔何度か訪れた事はあるが、季節によって表情は違う。

茅葺の屋根にうっすら雪が積もる景色は、まさに日本昔ばなし。(笑)

観光にほとんど興味を示さないY子さんだが、雪景色はお気に召したようだ。

天気がイマイチなので長居はしなかったが、お土産を見たり散歩したり、

古き良き日本の風景を楽しんだ。

Y子さんはお土産を買う人の名前を数人あげていたが、

少し時間が経つと何人に何を買ったのかを忘れるので、

何回も「○○さんのお土産を買おうかな。」と言い出す。

「それはもう買ったよ。」と言うと「そうそう!そうだったね!」と言うが、

しばらくすると、また同じことを言い出す。

元気いっぱい楽しそうだが、こんなトコはやっぱり変わらないよね。(汗)

 

スポンサードリンク

 

その後、富山県氷見市に向かう。

留守番をしている父をはじめ、家族に氷見の寒ブリをお土産にする為だ。

氷見の漁港近くにある道の駅で「白エビ」(冷凍よ)や「寒ブリ」などなど、

九州ではあまり見る事がない海の幸を買い込んだ。(重かったよ~)

食料品の買い物には全く興味を持たないY子さん。

なんだかつまらなそうに、ブラブラ黙って歩いていた。

興味のない物はハッキリ分かるのが笑える。

 

Y子さんが飽きているので、早々に買い物を切り上げ金沢に向かう。

お喋りをするのが一番楽しいらしく、まったくうたた寝もせず元気いっぱい。

ところがやはり疲れが出て来たらしく、記憶力が低下してきた。

だんだん自分がどこに来ているのかが曖昧になって来る。

福岡に居るのか?岐阜に居るのか?混乱していたようだ。

金沢で早めの夕食をとった時には、自分は福岡に居ると思い込んでいた。

 

金沢駅で妹と別れ小松空港に向かう。

空港でまた少しお土産を見たが、また同じ人にお土産を買うと言い、

あれこれ物色していた。

誰に何を買ったのかも分からなくなるので、私がしっかり確認しておこう。

記憶力がぐっと低下し、少し疲れた顔をしていたY子さんだったが、

それでもニコニコ楽しそうにお喋りは続けていた。

最後の最後まで楽しそうで本当に良かった。

 

「楽しかったね♪行って良かったね!」Y子さんは何回もそう言った。

「また4人で何処か行こうね!」

「女の子3人産んで、ホントに良かった♪」そう笑いながら言う。

こんなY子さんの笑顔を見ると、行って良かったと心から思えた。

Y子さん、また一緒に何処か行こうね。

そう約束して、2泊3日の旅は無事終わった。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
認知症 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください