逆効果??

去年の末にフードシーラーと言う、食品を真空パックする機械を購入した。

作ったオカズを真空パックにすれば日持ちもするし、場所も取らない。

これでお正月用の料理も安心して作り置きが出来る。

なんて便利な機械なんだろう~♪私はウキウキしながら、

試しにクリスマスイブに焼いたチキンを真空にしてY子さん宅に届けた。

 

その後、年末に向かうに従ってどんどん慌ただしくなった私は、

Y子さんにチキンの感想を聞かぬまま、ただオカズだけを届けていた。

そして年の瀬、Y子さん宅にお正月料理を真空パックしてお届け。

元旦から3日まではオカズ配達をお休みさせて頂いた。

両親は毎日真空のオカズを美味しく食べてお正月を過ごすだろう。

そう思っていたのだが・・・・

 

「真空のチキンがあるんだけど・・・いつ作ったのかな?」

そう姉から連絡があったのは元旦。

24日に作ったチキンがまだ冷蔵庫に残されていたのだ!!

もう1週間じゃん!!!何で食べてない???

Y子さんは「真空だから何日も持つから大丈夫!」

「何も食べるものが無い時に食べる!」と言っていると。

何も食べるものが無い時なんて・・・そんな事はないのにさ。(汗)

このままでは、チキンが消費される日はいつになるか分からないし、

スポンサードリンク

 

真空とは言え、家庭で作ったものがそう何日も持つとは思えない。

結局、こっそり姉が荷物に入れて持ち帰ってくれた。

 

で、今日。

久しぶりにゆっくりY子さんの家に行って、何気なく冷蔵庫チェックをした。

そしたらお雑煮のスープも、牛筋の煮込み(すじコンニャク)も、

鳥の甘酢煮も真空のまま冷凍庫に放り込まれていた。

「何で食べてないの?」と聞くと、案の定「真空は長持ちするから何もない時に食べる」と。

マジですか???(しかもコンニャク冷凍したらダメじゃん)

今までも食べ物を少しづつ冷蔵庫に残して、私の頭を悩ませてきたY子さん。

そんな残したい願望が強いY子さんにとって、

真空されたオカズは、うってつけの状態だったようだ。

 

安心してオカズを日持ちさせられると思ったのにな・・・・

これじゃ逆効果じゃん!(とほほ)

残念だけど今後Y子さん宅に運ぶオカズには使えないね。

新年早々ちょっとガッカリ。

まあ、こんな事もあるさ・・・

また他の方法を考えるとしよう。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
認知症 ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください