2014年夏 母が認知症になってしまった!

母が認知症になっちゃった!

2014年の夏。

国立病院の「物忘れ外来」で、母と2人並んで検査結果を聞いた。

「アルツハイマー型認知症ですね。」

パソコンを見ながら、ポイっと投げ捨てるような口調で医師が言った。

そうだろうとは思っていたものの、現実を突きつけられやはり動揺してしまった・・・

でも診断結果は「ごく初期」の認知症だ。

今はいい薬もあるし、進行を遅らせる方法はきっとあるはず。

そう思いながら「アリセプト」と言う薬を受け取り、岐路についた。

母は分かったような、分からないような顔をして「お昼ご飯は何を食べようか?」なんて言ってたっけ。

あれからの1年半は、本当にアッと言う間だった。

自分なりに、あの手この手で認知症に向き合ってきた。

先の見えない不安や恐怖、もしかしたら改善してるかも??なんて安易な期待。

いろんな感情に翻弄されながらの日々。

一進一退を繰り返しながら、現在に至る。

スポンサードリンク

 

今は・・・どうなんだろう?

あの夏の日と比べて、母の症状は進んでいるんだろうか?

実はよく分からない。(笑) 出来なくなった事もあるけれど、落ち着いている部分もある。

一進一退で結局のところ足踏み状態なのか?

今は病院には行っていないので、数値的な部分での判断はできない。

でも先のことは全く分からない。

これから坂を転がり落ちるように、症状が進むことだってあるだろう。

私に出来る事は、認知症の母とただ向き合っていく事だけ。

そんなこれからの日々を、日常のあれこれを交えながら綴っていこうと思う。

落ち着いてる時も、泣きたいときも ムカつくこともいっぱいあると思う。

そんな気持ちも書いて行こう!

備忘録ってやつですね。

未知の世界に向かって・・・・GOです。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください