2014年夏 母が認知症になってしまった!

工夫をしながら脳を活性化!

少し前まで飼う飼わないで揉めていたワンコ。

でも今はそんな事はすっかり忘れたかのように、

Y子さん(母)は毎日楽しそうにワンコと戯れている。

ようやくひと安心である。

父の迷いもすっかり無くなり、毎日チヤホヤと甘やかしているようだ。

ワンコは元気いっぱい!食欲も旺盛でどんどん大きくなっている。

 

そんなワンコは外飼いされている。

大きく張り出した屋根の下にこれまた大きな犬小屋を置き、

庭いっぱいに伸ばされたワイヤーにリードを引っ掛けてあるので、

ワンコはかなり自由に庭を走り回っている。

 

ところが最近では庭の出入り口にもネットを張り巡らしワンコが外に出れないようにし、

Y子さん自慢の花畑も網で囲い、ワンコが入り込まないよう工夫したようだ。

そしてリード無しで庭中を自由に遊ばせるようになっていた。

実家の庭はどんどんワンコ仕様に変えられていく。

毎日なにかしら変化があるのでちょっと笑える。

このところワンコの行動チェックに余念がないY子さん。

「朝はここで遊んで、昼からはここで寝て、暑くい時はここに居る。」

そうワンコの居場所もちゃんと把握している。

そんなワンコのお気に入りの場所は、さらに居心地が良くなるよう工夫している。

スポンサードリンク

 

風通しよく、西日が当たらないようスダレをあちこちに配置。

暑い時に居る水場のコンクリートの上は午前中に水を流している。

午後の暑い時間の前に冷やしているんだそうだ。(笑)

井戸水利用なので水は冷たく、水道代もかからない。

冷やしたい放題だ。

ここにもスダレが配置され、まるで要塞のようになっている。

犬小屋の中のベッドもお天気の日はキッチリ干されていつもフカフカだ。

 

ワンコの事を考え、あれこれ工夫を凝らすY子さん。

これはきっと脳も活性する事だろう・・・・

外の天気を見てはいつもワンコの状態に気を配っている。

お世話好きなY子さんの本領発揮だ。

ワンコの存在が脳を活性化し、そして心を癒す。

このままそんな関係が続いてくれるといいね。

 

毎日ワンコに「Y子さんをよろしくね!」とお願いし、

翌日の庭の変化を楽しみにしながら私は家に帰る。

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください