2014年夏 母が認知症になってしまった!

Y子さんからの手紙。

毎日実家に差し入れしているご飯のオカズ。

それはタッパーに入れてY子さんの家に届けられる。

空になったタッパーはY子さんがレジ袋に入れ、

勝手口の脇のS字フックに引っかけられている。

私が持って帰るのを忘れないよう、Y子さんが工夫しているのだ。

最近そのタッパー入りのレジ袋に、小さい紙が貼り付けられている。

「いつも美味しいご飯をありがとう。」とか

「毎日ありがとう。」とか・・・そんな一言が書かれている。

Y子さんからの手紙だ。

 

機嫌が良かったり悪かったり、その日によって波があるY子さん。

機嫌が悪い日は鬼のような顔をしてることもあるのよ。(笑)

そんな時は私までどんよりした気分になる・・・

でも、たまにこんな事があるとね「Y子さんまだまだ大丈夫じゃん!」と、

なんだか嬉しくなる。

 

スポンサードリンク

 

ひと言手紙は今日で連続3日。

認知症と診断されて薬を飲んでいた頃のY子さんは、

私が作ったオカズに文句を言っても、お礼を言う事なんてなかった。

いつもいつも鬼のような顔をしてイライラと攻撃的だった。

それが今はこんな気遣いをしてくれる事もある。(時々だけどね)

物忘れが進んだと感じる事は多いけれど、

私にとってY子さんの気持ちが穏やかであれば、

物忘れなんてそんな大きな問題じゃない。

Y子さんが人に対して感謝の気持ちを忘れてしまわないうちは、

まだまだ全然OKだと思う。

 

ひと言手紙。

いつまで続くかな?ちょっと楽しみ。

でもあまり過剰な期待は禁物・・・・だけどね。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください