サプライズは突然に。

2015年8月末の週末。

いよいよ引っ越し先のリフォームに着手した。

父の実家は築60年以上。 あちこち手を入れ始めればキリがない。

認知症のY子さんは、いつ気が変わって「家に帰る!」と言い出すかも分からない。

その時のために、最小限のリフォームをする予定だった。

 

初日の作業は襖の張替と、古いフローリングにコルクマットを敷く事。

身軽で器用な主人は、天井裏の掃除だ。

 

そのリフォーム現場で「何をしようか?」とウロウロしているY子さんに、

大きな大きなサプライズの荷物を届けてあげた。

早朝の飛行機に乗って、帰省してきた妹だ。(笑)

 

前もって帰る事を知らせておくと、色々と気をもんで疲れてしまうY子さん。

これまで何回かそのパターンで失敗していたので

今回はサプライズの突然帰省を企画していたのだ。

その日がたまたまリフォーム当日になってしまったのは全くの偶然。

 

突然の妹の帰省に、Y子さんも父も大喜び♪

いつも状態の悪いY子さんにしか会っていなかった妹も

久しぶりに見る、元気なY子さんの姿に大喜びだ!

毎日のようにY子さんに会っている私には分かりにくいけれど、久々に会う妹にとっては

Y子さんの変化はとても大きかったようだ。

 

胃潰瘍がすっかり良くなり、食欲も出てきたY子さん。

「プラズマローゲン」のゼリー効果も手伝って、心も身体も元気だ。

妹の帰省を喜んでいるY子さん以上に、妹の喜びは大きかったようだ。

スポンサードリンク

 

 

みんなでワイワイ作業をするのが、とても楽しいようで

Y子さんは終始ご機嫌だった。

良かったね~Y子さん。

 

そのうち忙しい姉夫婦と甥っ子も顔を出しに来た。

姉とは電話でケンカをしてから、初めて顔をあわせたけれど

お互い何事もなかったように会話をした。(笑)

すっかり心が楽になっていた私には、もう姉に対するわだかまりは無かった。

 

Y子さんへのサプライズはこれで終わりではない。

妹と相談して、温泉1泊旅行の予約もしてあったのだ。(引っ越し騒ぎの前に予約)

妹と母と私の3人は、早めにリフォーム作業から離脱させてもらい

高速に乗り、温泉宿に向かった。

 

あまり遠出をするとY子さんが疲れてしまう事。

観光などにはほとんど興味を示さない事を考えて、今回は近場で温泉に浸かり

美味しいご飯を食べて、ゴロゴロしながらお喋りするのが目的の旅。

 

 

1日の間に妹に会い、温泉に連れて行かれたY子さん。

思いもよらなかったサプライズに、目を白黒させていた。

サプライズ企画は大成功♪ きっと脳にも相当な刺激が伝わったことだろう。

 

温泉にゆっくり浸かって、食事の時にはご機嫌でビールを飲み

お布団の上でゴロゴロしながら、いっぱいお喋りをしたY子さん。

とても楽しそうな笑顔の1日でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください