Y子さんのご近所付き合い。

Y子さん(母)が今住んでいる家に引っ越しをしてそろそろ半年になる。

引っ越したばかりの時は環境の変化により、認知症の症状が進まないだろうか?

そう随分心配したが、お陰さまでちゃんと新しい環境に適応している。

まあ、電化製品の使い方には苦戦したが、それも今はすっかり慣れて使いこなしている。

 

そんな何もかも順調に見えるY子さんの生活だが、実はひとつ困った事がある。

それはご近所さんの顔と名前がなかなか覚えられない事だ。

Y子さんは滅多に出かける事なく、1日中家で過ごしている。

出かけるのは夕方の散歩の時くらいなので、ご近所さんと顔を合わせる機会がほとんどない。

両隣さんや数件先までは引っ越しの挨拶で顔を合わせているが、

勿論それぐらいで覚えるY子さんではない。(1回くらいじゃ私も無理かな?)

 

ところがこの家は父の実家である。

だからご近所さんは父のことをよく知っているので、時々ご近所さんが差し入れに来られるのだ。

「ミカンのお裾分け」とか「タケノコ如何?」とか・・・・

父が家に居る時ならいいが、活動的な父は意外にお留守が多い。

週に3回はジムに通い、元の実家に片付けにも行く。

そしてそれなりの年齢にもかかわらず、まだ需要があるので仕事もする。

だからY子さん1人だけの時にご近所さんが訪ねて来ることも多いのだ。

 

父が帰って来て「このミカンどうしたの?」と聞いても

「誰か知らないけど持って来てくれた!」と、こうなるのである。

時には頂いた事も忘れてる時もあるので、頂いたお礼を言うが出来ないのだ。

物を頂くなら現物が目に入るからマシだが、何かの伝言なんかをされたらもう分からない。

スポンサードリンク

 

 

Y子さんは一見認知症には見えない。

しばらく話をすると「ん?もしかしたら・・」と相手が感じる程度だ。(と思う)

だからご近所さんも特に気は使わないのだ。

でも、きっと知らない間に失礼をしている可能性もある。

こんな場合はどうしたらいいのか?ただいま模索中である。

そんな実家が最近になって公民館に加入したらしい。

父がご近所さんから加入した方がいいよ!と誘われたそうだ。

勿論Y子さんが集会に参加するのは無理なので、これからは父が自分で行くらしい。

昔はモーレツサラリーマンで、仕事以外の雑事は全てY子さんに任せていた男がである。

「隣組長さんなんかも回って来るから大変だよ!」と言ってはみたがもう後の祭りだ。

自分がちゃんとすると父が言うのでお手並み拝見だ。

 

今日は早速、回覧板をお隣に回しに行った。

しかも回覧板に挟んである書類はいちいちコピーして自分でも保管したらしい。(笑)

いちいち几帳面だと笑ってしまった。

さて、いつまで続きますやら・・・

 

新しい土地でのご近所付き合い。

思った以上に大変そうだ。

 

 


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください