2014年夏 母が認知症になってしまった!

山が動いた。

私の父は一見、物腰も柔らかく温和な人物に見える。

でも実際は偏屈でなかなか人の言う事を聞かない、

昭和の頑固おやじ代表のような人物だ。(笑)

昔はモーレツサラリーマンで何よりも仕事が優先。

家族には遠慮なく手をあげてきた、クソ親父だっだ。

今のご時世ならDVで訴えられて即離婚じゃよ・・・

Y子さんも若いころは随分と苦労した。

 

そんな父も今ではすっかり丸くなり、見かけ通り温和になった。

Y子さんが認知症になった時、父がイラついて暴力をふるったら?と、

少し心配もしたが、意外や意外!想像以上に優しく接している。

おかげで私も安心していられるのだ。

そんな父だがY子さんの認知症に関して、なぜだか少し勘違いしている。

「お母さんは本当は認知症じゃなく健忘症だと思う・・」と。

勘違いと言うより、そう思いたがっていると言うのが正解かな?

 

ところが最近、Y子さんの物忘れがグッと進んだ。

それを一番近くで感じている父。

さすがに健忘症だなどど自分を誤魔化せなくなったようだ。

今まであまり認知症について調べたりしなかったようだが、

ここへ来て俄然情報収集に情熱を注ぎだした。

山が動いた・・・・・(笑)

 

元々がバリバリ理系の父。

スポンサードリンク

 

76歳の今でも時々仕事をしている。

日々PCを操り、ワケの解らない科学の本をめくる。

そして未だにメモは取らない男である。

そんな父が本腰を入れ、認知症に立ち向かう事になった。

 

私は私で少し良さそうな薬(サプリ?)を考えていたが、

父は「薬は副作用があるから飲ませない!」と言う。

もちろん病院で薬を貰う事は全く考えていない。

じゃあどうするんだ??と思っていたら、

「収縮した海馬(脳の)を復活させる。」とか何とか言いだした。

ほお~それは凄い。(笑)

15分ほどキツめの運動をするのが効果的とか・・・

踏み台昇降の台があるから、早速それをさせるらしい。

 

「踏み台昇降は膝に悪いらしいよ!」そう言ってみたが、

「「膝より脳が優先!」と言われた。(マジか?)

でも果たして父が思うように、Y子さんが踏み台昇降するかな?

お手並み拝見といきましょう。(笑)

私は私でY子さんの脳に刺激を与えられる何かを探そう。

皆がそれぞれにいいと思うことを提案していけば、

そのうち何かヒットするかもしれない・・・・・

下手な鉄砲も数打てば当たる?(笑)といいね。


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください