2014年夏 母が認知症になってしまった!

私も懲りないな・・・

ここ数日、バタバタしていてブログを更新する暇がなかった。

何がそんなに忙しかったかと言うと・・・

猫を拾ったんですわ。(汗)

先週の土曜日、娘を駅に送る途中道の真ん中に子猫が居た。

田舎の細い道で交通量は多くないとはいえ、

なかなか大胆な猫だと、車を端に寄せてそっと通り過ぎた。

我が家の近くには野良猫がいっぱいいる。

保護もせず、避妊手術もさせず、ただ餌だけばら撒く。

そんなけしからん輩がいるせいだ。

そのため野良猫の子猫がウロウロするのは日常茶飯事。

なのでその時もあまり深く気に留めていなかったのだ。

「帰りもそこに居たら、保護してY子さんの家の庭に置いて来ようか?」

そう娘とふざけて笑いながら駅に向かった。

 

「もう生き物は飼わない!」そうY子さんは言うが、

最近は昔飼っていた猫の話を毎日のように繰り返す。

それを聞いていると、猫なら飼う気になるかも??

そしたら少しでも癒されるかもしれない・・・

そんな事をついつい考えてしまうのだ。

でも先日も友人が拾った子猫を「飼わない?」と見せたが、

やはり首を縦には振らなかった。

だけどね、もしかして庭に野良の子猫が迷い込んできたら??

仲良くなって外飼いする気になるかも??

私はそんな妄想に憑りつかれたりする。(笑)

でもそんなに都合よく、愛想のいい野良の子猫が来るわけがない。

スポンサードリンク

 

だからいつも妄想は妄想で終わるのだ。

 

その後買い物に行き、多分1時間以上経った頃に帰宅した。

その頃にはすっかり子猫のことなど忘れ去っていたのに・・・

なんと子猫は相変わらず道路の真ん中に座り込んでいた。

「マジ?」そう思いながらまたそっと横を通り過ぎた。

しか~し!対面からバスが来て、子猫がジャマで立ち往生してしまったのだ。

仕方なく路肩に車を停め、道路に座っていた猫を抱き上げた。

 

私は汚れてやせ細ったその子猫を道の端にそっと置いた。

するとその子猫は私の足にすり寄って来る。

パッと車に乗ろうとしたが、子猫も離れないよう急いでついてくる。

警戒心もなくスリスリすり寄るところをみると、人に飼われていたのかも?

小さい目で一生懸命に私に何かを訴えてくる。(汗)

うむ~どうするんだ??

私は良からぬ妄想が湧き上がってくるのを抑えられなくなり、

ついに子猫を車に乗せてしまった・・・

 

Y子さんの家の庭に置きに行こう!

もし事がうまく運ばなければ、自分の家で飼おう。

そう心に決めた。

私も本当に懲りないオンナである。(笑)

   つづく


認知症 ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください